コモホームの女性スタッフたちのブログです。

「明るい家族が暮らす家」コモホーム

0120-215-411

イベント参加 リンクバナー

無料相談・お問い合わせ リンクバナー

〇営業時間 /9:00~19:30  〇定休日/水曜、GW、夏期、年末年始

インスタグラム 外部リンク

Facebook 外部リンク

メニュー

女子スタッフブログ

女子スタッフブログ

女子スタッフブログ

女子スタッフブログ

花粉の季節に【花粉対策!】 写真

2019/03/07

花粉の季節に【花粉対策!】

こんにちは、お客様係の山口です!

だんだんと陽が長くなってきて春に近づいているなーと感じるこの頃ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?

…かしこまった書き出しではじめてみましたが、私はこの時期になると花粉との闘いになります!

花粉症の方にはつらい時期ですよね( ;∀;)

そんな花粉症にお困りの方に

今回は花粉対策をお伝えします!

まず、花粉症がなぜ起こるのかというところからですが、

花粉症は、目や鼻の細胞の表面に付着しているIgE抗体と花粉とが結合し、アレルギー症状と関係している「肥満細胞」と呼ばれる細胞から化学伝達物質が分泌され、それらの物質が神経や血管を刺激することで生じます。主な症状としては目のかゆみや充血、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどがあります。症状には個人差があり、同じ量のアレルゲンが体内に入り込んでも、症状が出る人と出ない人とに分かれます。毎年花粉のシーズンになると同じ症状を繰り返してしまうのは、このような細胞とアレルゲンの反応が繰り返されるからです。

うーん…難しい。

簡単に言うと体内に原因物質が入ってそれをやっつけるために症状がおこる ということのようです('_')

人の体って、便利に作られているようで、不便なところが結構ありますよね…。笑

昔は花粉症なんてなかった!とよく聞きますが

なぜ近年になって、花粉症が増えているかというと、

経済成長期時代に森林資源の回復や増大を目的として杉やヒノキが大量に植えられたから らしいですね。

そのころ植えられた杉が成長し、今になって花粉をまき散らしていると!

やめていただきたい…

だから昔の人は、花粉症なんてなかった!今の若者は弱っちい!っていうんですねー。

ここまでが花粉症の原因です。

花粉症軽減!花粉撃退方法!

花粉症になってしまったものはしょうがない…

少しでも軽減し快適に過ごすための工夫をご紹介します。

①静電気を避ける

・花粉は静電気によって衣服についたり、よって来たりします。

 できるだけニットなどの静電気が起きやすい服装は避けた方がいいです!

 あとは市販の静電気を防止するスプレーなども効果的のようです(^^)

②免疫力を上げる

・こちらはすぐに改善されるわけではありませんが地道に免疫力をあげることで症状を改善できるようです。

 具体的にはヨーグルトを食べるというのがいいようですが、乳製品は日本人の体には合わないという説もあり、

 なにを実践するか難しいところですね。

 ヨーグルト以外では、リンゴ、レンコン等も腸内環境を整えてくれるので改善に役立つようです。

 特にレンコンはアレルギー症状を抑える効果があるとかないとか…

③市販薬を飲む

・これが一番はやいと思います!(笑)

 市販薬の中には「抗アレルギー薬」と「抗ヒスタミン薬」というものがあり

 「抗アレルギー薬」はかゆみの原因物質(ヒスタミン)の発生を予防する薬で、

 「抗ヒスタミン薬」はかゆみの原因物質(ヒスタミン)によってかゆみやくしゃみなどの症状が出るのを抑える薬です。

 市販のアレルギー薬といっても種類があるので買うときにどちらの成分が入っているのかを確認して

 自分に合った方を買うことが大切ですね。

 ちなみに私は「アレルビ」という薬をのんでいます!

 他のアレルギー薬より値段が安いのですが、成分はほぼ変わらないので試しに買ってみようかなという方におすすめです!

 効果としてはたぶんあると思います。

 先日、2日ほど飲み忘れた日があったのですが、その日はいつもに増して鼻水がでましたので。

 毎日続けるのが大切なようです。

あ、それと、市販の点鼻薬を日頃から使用していて、コレがないと呼吸ができない!

ってくらいの方は騙されたと思って「片側だけつける」戦法をやってみてください!

私は点鼻薬がないと呼吸ができないくらいに鼻づまりがひどかったのですが

片側だけつける戦法を試したところ、普段つけていない方の鼻は詰まりにくくなりました!

なので両側詰まって呼吸ができない!となることがなくなりました!

つけないことが一番いいのでしょうが、つけないとつけないで呼吸ができないので

まずは片側だけでお試しください!

市販の点鼻薬には一時的に詰まらなくする作用はあるけど、その後詰まらせるという副作用があるらしいです!

だから依存性が強くなっていくようです。

便利なものには裏がある…

花粉がつらい時期ですがみなさんもいろいろな工夫をしてのりきりましょう!

このページの先頭にもどる

資料請求

お問合せ

イベント参加

相談窓口

ページの先頭へ戻る